「ありのまま」がつらいのはあなただけではない

アナと雪の女王の『ありのままで』が流行ってから久しいですね。

「ありのままでいい」って言われるけど、私は昔のような自分が大嫌いでした。

「ありのまま」の私は大嫌い

給料も低いし、スキルも無し、自分に自信がなく、人の目を気にしてばかり。

フルタイムの仕事がきついって分かっていたのに、職場にしがみつくしかなかった。

そんな自分が嫌でたまらなかった。


子どもが大きくなった時に「お母さんは嫌々仕事に行ってる」ってバレるのが怖かった。


それなのに「ありのままで」なんて言われても、興ざめで、こんな生活から抜け出したいとずっと思っていました。

自分を受け入れるのは難しい

ありのままで、って結構難しいんですよね。

だって現状の不満やつらい過去を全て受け入れないといけないじゃないですか。


過去に人前で恥をかいたこと、失敗したこと、頑張ったのに上手くいかなかったこと。


私だって沢山ありますよ。

高校は希望のところに入れなかったし、就活では面接で落とされまくり、就職してからもつまらない仕事ばかり。




本来なら忘れたい過去も受け入れるのって、かなりつらい作業だと思うんです。


つらい過去と向き合って、受け入れて、そこから進んでいきましょう。

うん、素晴らしい!

理想的ですね。


でも今、そんな前向きな気持ちになれない私たちはどうすれば?

あなたには変わる権利がある

多分、現状に不満があるのは私だけじゃないですよね。

あなただって今、何かの不満を抱えているはず。


育児に非協力な夫、終わらない家事、職場で今までのパフォーマンスが出せない自分に罪悪感...


ずっとそのままでいたいと思いますか?


現状を変えたいなら変えたいと望めばいいんです。


つらい現実をじっと見つめて、
そこから這い上がってやろう、その気持ちの方がずっと大切です。


私だって何もできないただのワーママでした。


スタートは同じなんだから、あなただって変われる。

変わる権利があるんです。

まとめ

現状に不満があるのなら、無理に「ありのまま」を受け入れなくてもいい。

「変わりたい」その気持ちを持ち続けることが大切です。



このまま年を取っていくのかな~

とぼんやり考えている人が多い中、
新たな一歩を踏み出そうとしているあなたはすごいです。


それだけで、他の人より一歩先に進んでいるんです。


一緒に人生をもっと明るくしていきましょうね。

この記事を書いた人
ともだるまともだるま

劣等感の塊だったワーママ
心理学、アンガーマネジメント、お金の勉強をして人生変わった。

ツイッターでの優しいツイートはパパママさんに好評!
ココからフォローしてくださいね!
ワーママでも1ヶ月でフォロワー1000人の秘訣をnoteで公開中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です