朝型ワーママが教える早起きのコツ

もっと朝早く起きられたら色々できるのに
朝型の人はどんな風に過ごしてるんだろう
ワーママにとって朝の時間は貴重ですもんね

早い時には朝4時には起床するワーママである私が、どんな風に朝の時間を過ごしているのか、また早起きのコツをお伝えします。

この記事では
  • 朝型ワーママの過ごし方が分かります
  • 朝型人間になるコツをお伝えします

朝型ワーママの早朝ルーティン

朝4時に起きる私の早朝ルーティンをご紹介します。

4:00~5:15 ブログ書く
5:15~5:30 夕食準備
5:30~6:00 身支度
6:00~6:15 朝食準備
6:15~6:45 朝食食べる
6:45~7:00 保育園準備・歯磨きなど
7:00~7:10 ごみ捨て
7:15 出勤

私が朝早く起きる理由は「自分の時間を確保するため」です。


帰宅後の夕方は子どもとの時間を大切にしているので、代わりにどこかで自分の時間が必要です。


ワーママが自分の時間を取れるタイミングというと、

  • 子どもが寝た後
  • 子どもが起きる前

の2択ですよね。


朝は出勤という締め切りがあるので、ダラダラ作業にならず特におすすめです。

朝の時間帯に家事をガッツリやる!という方もいますよね。


洗濯、掃除、お弁当作りなど。


ひとりで黙々とできるので作業効率がいいというのも早朝ならではのメリットです。




私の場合は、朝の家事といえば15分で済ませる夕食準備くらい。


これ、そんな短時間でどうやって料理作るの?!


と驚かれるポイントですが、時短家電に頼れば別に不思議なことではありません。


ホットクック、ヘルシオを使えば、切った食材を機械に入れて、メニューボタンを押せばあとは放置で機械が調理してくれるからです。

朝型ワーママになれた3つのコツ

出産前は完全な夜型だった私が朝型に移行できたわけですが、
朝型移行には3つのコツを押さえれば誰でも簡単にできると分かりました。


この章ではその3つのコツをお伝えします。

夜は子どもと一緒に寝る

朝4時起きというと驚かれることが多いですが、夜は子どもと一緒に21時には寝ています。


だから睡眠時間は7時間たっぷり取れて寝不足ということはありません。


やっぱり夜中の1時に寝て4時に起きるなんて不可能です。


朝早く起きたいなら、その分早く寝るのが王道です。

早起きできない原因を突き止める

寝かしつけは旦那さんの担当、という場合には前項の方法は当てはまりませんよね。


夜起きているとついついスマホを触って無駄な時間を過ごしてしまう…

私もそのタイプだったので分かります(笑)


そんな意志の弱いタイプの人が、早起きを実現するにはどうすれば良いでしょうか?


その方法がこちらです。

「朝早く起きたい」という目的を逆算します。

朝早く起きたい、そのために何をする?
 ↑
夜早く寝る、そのために何をする?
 ↑
夜自然に眠くなればいい、そのために何をする?
 ↑
・カフェインは覚醒作用があるので、コーヒーは昼過ぎまで
・寝る前にスマホを触らない
・朝日を浴びて体内時計をリセットするなど

私の場合は、特に夕方のコーヒーが頭を冴えさせていたようで、これを止めると夜自然と眠くなるようになりました。




私はこの考え方を「逆算思考」と呼んでいて、何か達成したい目標があるときに、
「達成したい、じゃあ何をする?」と自分に問いかけています。


他の場面でも応用できますのでおすすめです。


あなたの早く起きられない、寝られない原因を突き止めてみてください。

やることを決める

人間は本来怠け者なので、「何となく朝早く起きれたらいいな~」くらいでは実行に移せないものです。


ところで、なぜ私たちが毎朝決まった時間に会社に行けるかと言えば、
出社時間が決まっているから。


「その時間に行かないといけない」
という縛りがあるから毎日行けんですね。


出張のためにいつもより早く出発しなければならない、
と思えば早起きが苦手な人でも不思議と起きられますよね。


「これをやる!」「やらなければならない!」
と決めておけばそのためには必ず起きられるものなのです。


私の場合は「ブログを書く」と決めているので、朝起きてすぐにブログを書き始めます。この記事も早朝に書いています。


残った時間で家事をする、といった感じですね。

早起きのコツまとめ
  • 子供と一緒に寝る
  • 早起きできない原因を突き止める
  • やることを決める

朝を制する者はワーママを制する

家族が寝ている時間はママの唯一の自由時間。


独身の人に比べたら30分か、多くても1時間程度しかありません。


でも30分しかないと考えるのではなく、この30分を有効に使おう!と思うだけでその時間の密度は大きく変わります。


早起きしたいんだけど…と思っているあなた、上記のコツを取り入れてぜひ早起きに挑戦してみてください。


思ったより色々できることに驚くはずです。


快適な早朝ライフが送れるよう願っています。

この記事やブログについて、コメントや感想をもらえると励みになります!

この記事を書いた人
ともだるまともだるま

劣等感の塊だったワーママ
心理学、アンガーマネジメント、お金の勉強をして人生変わった。

ツイッターでの優しいツイートはパパママさんに好評!
ココからフォローしてくださいね!
ワーママでも1ヶ月でフォロワー1000人の秘訣をnoteで公開中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です