仕事復帰前にホットクックを買いました

 

仕事復帰したら家事をどうやってこなすか?

 

ワーママの三種の神器と言われる食洗機、衣類乾燥機、ロボット掃除機は既に導入しました。

 

他に負担の大きい家事と言えば夕ご飯作り

 

とにかくゆっくり料理する時間はないと思われるので、何か時短調理器具が要る!

と思い探したところ、候補に上がったのは以下の3つでした。

 

電気調理なべ比較検討

シャープ ヘルシオ ホットクック

  • 無水料理が出来る。
  • 材料を入れてボタンを押せば料理が出来る。
  • 予約調理ができる。

 

ティファール クックフォーミー

  • 時短には欠かせない圧力調理が材料を入れてボタンを押せば出来る。
  • 予約調理は不可。

 

象印 自動圧力IHなべ

  • クックフォーミーと同じく圧力調理がボタン一つで出来る。
  • 予約調理が出来る。

 

 

簡単な比較表を作ってみると以下のようになります。

鍋の種類 予約調理
ホットクック 無水鍋
クックフォーミー 圧力鍋 不可
象印 自動圧力IHなべ 圧力鍋

 

 

子無し時代もそうでしたが、帰宅後に本格的にご飯作る気になれない。

 

だから帰ってすぐに食べられる状態にしたい、つまり予約調理ができるもの

 

となるとホットクックか象印自動圧力IHなべか。

 

目的とする使い方としてはどちらでも良かったのですが、ホットクックには「まぜ技機能」という部品がついています。

これで全体に味を染み込ませたい料理もきちんと出来上がるようです。

 

それと口コミを見ると 象印自動圧力IHなべは部品が多く洗い物が大変そう

これが結構引っ掛かって、ホットクックに決めました。

 

ホットクックの現在の製品ラインナップは以下の3つのようです。

 

容量 人数目安
KN-HT99A 1.6L 2~4人
KN-HT24B 2.4L 2~6人
KN-HT24C 2.4L 2~6人 無線LAN機能搭載。メニュー画面が大きい。

 

家族の人数は少ないので容量は1.6Lタイプで十分とは思います。

口コミではKN-HT24C以外は料理メニューを選ぶ画面が分かりにくい とありましたので、最新の KN-HT24C を選択しました。

 

購入後の感想

購入して約1ヵ月。

想像以上に便利でほぼ毎日使っています。

 

無水料理も買う前は興味なかったのですが、無水カレーが美味し過ぎて既に何度もリピートしています。

 

調理前 

調理後 

 

 

他に無水料理ではないけど、毎日夜に次の日食べる味噌汁を仕込みます。

これが何故だか給食で出てくる味噌汁のような懐かしい味になっているのです。

 

それと、今は子どもがお昼寝の時に夕ご飯を作っています。

最近途中で起きて泣いて大人の姿を探し回るため(台所のある部屋とは別の部屋で寝かせています)、火を止めてなだめにいくので調理が中途半端になってイライラしていました。

 

そんな時もホットクックなら材料を入れておけば後の火の心配はしなくて良いので、子どもの元にすぐ行けるしイライラすることもありません。

 

忙しい人は勿論、ヘルシーに美味しい食事が取りたい人、料理自体がそんなに好きではない人全てにお勧めできます。

 

我が家ではこれも投資と考え、復帰後も大いに活用して元を取りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です