ワーママだからこそ悩む、義両親との距離感を保つための口実集

義両親が孫に会いたいっていうけど、貴重な休日に毎週行くのは疲れるわぁ
いくら仲が良くても、毎週はきついですね^^;

義両親も大切な家族、色々お世話になってるし、孫に会いたい気持ちもわかる。

そんな優しいあなたは、とっても素敵!

この記事では
  • 義両親に会いに行く頻度を減らしたい時の口実集を作りました
  • 相手を傷つけることなく義両親との距離感を保てます

義両親との距離感に悩むワーママの声

一児のワーキングマザーです。
義両親の家は車で10分の距離。産まれてから10ヶ月のあいだ、毎週1,2回必ず義両親の家にいくか、義両親が来ます。
今までは育児も大変でしたが、働いてないし、と自分を納得させてやってきました。
ですが、だんだんと義両親のことが嫌いになってきてしまいました。
孫に会いたいのはすごくわかるし、可愛がってもらうのはありがたいんですが、こちらの事情も気にしないでズカズカと家にあがりこんでくるんです。
旦那と子供だけで会いに行ってほしいのですが、、、

教えて!goo

義両親と住まいが近いということもありますが、週に1、2回というのは多いですね。

育休をあけて職場復帰されてからの付き合い方について悩んでいるようです。

義両親を傷つけない口実集

孫が可愛くて仕方ないって気持ちは分かるけど、こちらの事情も考えてほしい。


義両親と会う頻度を減らしたいなぁと思っても、ストレートに「行きたくない」とは言いづらいですよね。


義両親の気持ちだってわかるし、夫の顔だって立てたい。


そんな相手思いのあなたのために、義両親を傷つけない口実集を作りました。

口実① 家族との時間を大切にしたいから

平日は忙しすぎて家族で触れ合う時間なんてほとんどない。


だからこそ土日くらいは家族でゆっくり過ごしたい。


家族で買い物に行ったり、お出かけしたり。


お家でゆっくりご飯食べたり、そんな日常が実現できるのは休日だけ。


その休日を大切にしたいという気持ち、大事にしてあげましょう。


もちろん嘘ではありませんから、誰も傷つけていません。


義両親にとっても、自分の息子を大切にしてくれるお嫁さんということで、むしろ株が上がるかも?!

口実② 家事に集中したいから

これも平日は忙しすぎて最低限の家事しか出来ないワーママだからこそ言えること。


平日にできない家事を週末にまとめてやるという家庭も多いのでは?


土日の方がむしろ忙しい!それなのに義両親の家なんて行ってられない!


であればハッキリと「家事に集中したいから」と言っても良いんです。


どちらかというと、このフレーズは旦那さんを説得するために使うと良いですね。

口実③ 最初だけ顔をのぞかせる

最初だけ顔を出して途中で買い物に行ったり、帰るというのも一つの方法です。


例えば1日中義両親宅に滞在するのではなく

  • 午後になったら帰る
  • 1時間だけ滞在して買い物に出る
  • 挨拶だけしてサッと帰る



どうせ義両親が会いたいのはなので、極端な話、私たちがいようがいまいがどっちでもいいんです。


あとは孫と楽しく過ごしてくれますよ。


そうして滞在時間を少しずつ短くしていって、徐々に合う回数を減らすという戦略です。

口実④ 遠い所に引っ越す

どうしても住まいが近いと「近いから来れるでしょ?」となりがち。


こちらから行く場合はともかく、義両親が家に押しかけてくる場合はどうしようもありません


あまりにも常識外れの頻度で来られてノイローゼになりそうなら、引っ越しをして、物理的に距離を離れるというのも手段です。


職場が遠くて時間がかかるから、保育園の送迎に間に合うように近いところに引っ越した。


子どもを産んで働き始めるというライフスタイルの変化がありますので、引っ越しの理由もつけやすいのが良いところ。


もし精神的にも身体的にも義両親と会うことが大きな負担になっているようなら、引っ越しも選択肢の一つとして持っておく必要があるでしょう。

ここまで頑張ったんだから大丈夫

家族にはいつも笑顔で、仕事上の付き合いも大切にして、お互いの両親にも気を遣う。


そんなあなたはすごく優しい人。


ここまで頑張ってきたんだから、その姿を周りの人はずっと見ているはず。


少しだけ会う頻度を減らしたからといって関係が断絶することはないでしょう。


なかなか会いに行けない代わりに、母の日、父の日、誕生日にはお祝いを持って遊びに行く。
孫の写真を送ってあげる。
電話をかける。



会う以外にもできることは沢山あります。


結局のところ、「全ての人に好かれるのは無理」だと『嫌われる勇気』で有名なアルフレッド・アドラーも言っています。


であれば、あなたはあなたができる範囲のことをすれば良く、それで義両親がどう思うかは相手の判断に任せましょう。





また、無理して義両親に会い続けていても、おそらく向こうはあなたの負担に気づくことはありません。


それが当たり前になって「いつでも来れるんでしょう」と思われてしまう可能性もあります。


だからこそ、腹をくくり「NO」を表現する勇気が必要なんです。


本当に大切にしたいのは義両親ではなく、あなた自身とあなたの家族のはず。


ぜひ適切な距離感を保ってみんなが笑顔で過ごせる毎日を送ってくださいね。

おさらい

義両親を傷つけない口実集
  • 家族との時間を大切にしたいから
  • 家事に集中したいから
  • 最初だけ顔をのぞかせる
  • 遠い所に引っ越す

この記事やブログについて、コメントや感想をもらえると励みになります!

この記事を書いた人
ともだるまともだるま

劣等感の塊だったワーママ
心理学、アンガーマネジメント、お金の勉強をして人生変わった。

ツイッターでの優しいツイートはパパママさんに好評!
ココからフォローしてくださいね!
ワーママでも1ヶ月でフォロワー1000人の秘訣をnoteで公開中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です