通勤時間が長いワーママの悲痛な叫び。長時間通勤からの脱却方法は?

ワーママの毎日が多忙である理由の一つとして、通勤時間が長いことがあげられます。

ワーママの場合、単純に家と職場の距離だけでなく、保育園を経由するため特に通勤時間が長くなりがちです。

この記事では、通勤時間が長いワーママたちの悲痛な叫びをご紹介します。

中には職場から保育園まで2時間、そこから自宅に帰るなんてお母さんもいます。

みなさんどんなことで苦労されているのか、このままの勤務を続けていくのかなど参考になる部分があれば幸いです。

ワーママの通勤時間は45分未満

リビング新聞グループの調査によると働くママの
通勤時間は「45分未満」が過半数。

平日の平均帰宅時間は、「18時台」が47.2%と最多です。

都市部などは電車の乗り換えで、通勤に時間がかかるイメージがありますが、多くのママは「長時間通勤」とまではいかない場所で働かれていることが分かります。

ちなみに、夫の帰宅時間は「19時台」26.7%が最で、「21時以降」と、子どもの夕食・入浴などで忙しい時間帯に家にいない夫も約4割いるそうです。

思ったよりは通勤時間が長くない人が多い中、通勤に1時間半以上かかるワーママもいます。

彼女たちの悲痛な叫びを一部ご紹介します。

長時間通勤ワーママの叫び

3歳の娘を育てています。
正社員で、16時までの時短勤務させてもらってます。
通勤時間が、片道1時間20分です。
夫の職場も私とは逆方向で、片道1時間以上かかります。
双方実家が遠方のため、両親の協力は得られません。

16時あがりは私ぐらいで、他の女性職員はもっと長い勤務時間で、家庭や育児と両立させているので、引け目は感じています。

自宅の近くに別の事業所があり、そちらへ配置換えを希望していたのですが、なかなか異動させてもらえず、将来的にはそちらの事業所はなくなる方針のようです。

今の生活だと、娘が小学校になると両立が厳しそうです。

パートや派遣でも通勤距離がかからない職に転職したほうがいいのかもと悩んでいますが、来年35になる事務職しか経験のない私に仕事はあるのか、でも体力的にも精神的にも、今の生活を続けていく自信もなく、堂々巡りです。

私は、通勤に片道1時間10分くらい。

9時から17時半まで働きますが、朝7時半に家を出て、帰りはスムーズにいって19時過ぎ。だいたい19時半前くらいに帰ってきます。

子供が保育園児で、今はいいけど小学生になった時が心配です。

学童が18時までなんで、旦那か義実家に頼るしかないかなと思ってます。


最近まで、通勤片道90分でした。

仕事もその頃の職場ではやりがいがなく、存在価値を感じられず、年度末に下の子の時短が切れる前に、辞めようと思っていました。

近い職場に異動希望を出していましたが、そのタイミングで、異動が出ました。

今は片道60分弱。その30分が、私に余裕をくれる30分です。

フルタイムに戻りました。

仕事も大変ですがやり甲斐があります。

通勤時間もですが、仕事内容は、私にとっては大事だったのかも知れません。

やり甲斐がある仕事なら、片道90分でも頑張れたかも。

保育園時代は無理をしながら何とかやっていけても、小学校に上がることを考えると不安という声が多いようです。

また、単純に通勤時間だけではなく仕事のやりがいも日々のモチベーションにつながっていたというのは確かにその通りですね。

長時間通勤からの脱却方法

ワーママはただえでさえも仕事と育児で大変なのに、長時間通勤でさらに体力を削られては体がもちません。

次に長時間通勤からの脱却方法をご紹介します。

自宅に近い事業所に異動させてもらう

リアルなワーママの声の中にもあったように、自宅近くの事業所に異動させてもらうというのが一つの手です。

転職となると、会社のルールも仕事内容も大きく変わり大変ですが、働く場所が変わるだけなら、転職に比べて負担が少なく安心して働き続けられます。

在宅勤務ができないか願い出る

働き方改革、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務も一般的になりつつあります。

この風潮を利用して、在宅勤務をさせてもらうように願い出る方法があります。

そんなこと言っても、会社は許してくれないよと思うあなた。

平日全てではなく、例えば週に1日だけだとか、午前中だけ、など一部だけならどうでしょう。

これまで前例がなくても、こんな時代ですから会社としても

「何か新しいことをやった」「女性にも働きやすい職場」としての口実を探しているかもしれません。

そこに上手く使って「お試し」としての検討をお願いする価値は大いにあるでしょう。

転職する

それでもやっぱり無理、という場合には、転職も視野に入れてみてください。

私なんてただの事務職だし、他の場所では雇ってもらえないわ…

なんていうのはただの思い込み。

子供がいながら働くってすごいことです。

  • 時間管理
  • 健康管理
  • 感情をコントロールする
  • 人が自らやりたいと思う環境づくり

これらの能力って独身の時に比べてかなり向上していませんか?

他にも早く帰るために業務の効率化を図ったなんてことでもいいです。

何もないと思っていても十分あなたにはアピールポイントはあるんです。

その能力は他のお仕事でもきっと役に立つはずです。

まずは自分の経験を棚卸ししてみるところから始めてみましょう。

未来は変えられる

心理学者のアルフレッド・アドラーは

「その人が変えたいという意思を持ち、変えようと努力すれば、ライフスタイルは変えることができる」

と説いています。

もし長時間通勤を変えたいと思うのなら、心から変えたいと願う。

そしてそのためにはどうすればいいか、を考えてみてください。

明日すぐに!とはいかないかもしれませんが、「変えたい」という気持ちは必ずあなたを良い方向に導いてくれますよ。

ワーママのお悩みについて相談してみる

この記事を書いた人
ともだるまともだるま

劣等感の塊だったワーママ
心理学、アンガーマネジメント、お金の勉強をして人生変わった。

ツイッターでの優しいツイートはパパママさんに好評!
ココからフォローしてくださいね!
ワーママでも1ヶ月でフォロワー1000人の秘訣をnoteで公開中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です