ワーママが仕事を辞めたいと思うのはどんなとき?

仕事と家庭の両立に疲れた。
もう、仕事辞めたい…。

仕事が十分にできない自分に落ち込んだり
体調を崩して体力の限界を感じたり
子どもとの時間が取れず何のために働いているのか分からなるとき、ありますよね。

私も同じことを考えていた一人でした。

この記事ではワーママが仕事を辞めたいと思うのはどんなときか?
また、その辞めたいと思ったときには、どうすればいいのか?
についてまとめました。

色んな悩みを見てみて、自分が本当に大切にしたいものを見つけていただければ幸いです。

仕事を辞めたい。ワーママはみんな悩んでいる

子育てしながら働くってすごいこと。

仕事を中途半端に切り上げ保育園に猛ダッシュ。
帰宅後のルーティーンに追われ、子どもと十分に過ごす時間も取れない。

仕事も子なし時代のようなパフォーマンスが出せずキャリアで悩むママも多い。

共働き世帯が片働き世帯を上回ったってニュースで聞くけど、みんなこんなに大変な思いをして過ごしているの?

世間のワーママたちはどんなときに仕事を辞めたいと思うのでしょうか?

仕事と育児の両立なんて無理!とにかくしんどい

先輩ママさんたちを見ると、忙しそうではあるけど、何とか仕事と家庭を両立しているように見えた。

けど、実際に自分が体験すると驚くほどきつい。

早起きして朝食の準備に身支度、嫌がる子どもを保育園に預け、帰りは仕事を中途半端に切り上げ保育園に猛ダッシュ。

帰宅しても着替える暇なんてなく、子どもを急かしながら夕飯を食べさせ、バタバタとお風呂に入る。

畳まれていない洗濯物を横目に、子どもと一緒に疲れ果てて寝るしかない。

控えめに言って家庭は戦場。

これが毎日続くんだからしんどくないわけない。
もうこんな生活やめたい…と思うのも当然ですね。

仕事で以前と同じパフォーマンスが出せずモヤモヤ

保育園のお迎えの時間は決まっているから、いくら仕事が終わってなくても切り上げて帰らなきゃいけない。

連日の疲労で頭が回らず、以前のパフォーマンスが出せない自分にもどかしさを感じることも。

泊まりがけの出張なども行けず、バリバリ働く同僚に行き場のないモヤモヤを抱いてしまう人も多いでしょう。

子どもの風邪で休むことも多く、周りの人に迷惑かけて申し訳ない気持ちが常につきまといます。

こんな状態なら辞めた方が会社のためになるんじゃ…?
と考えてしまうのも無理ありません。

育休明けたらバックヤード。マミートラックでやりがい減少

育休明けてさぁバリバリ頑張るぞ!と思ったのも束の間。

会社や上司の「配慮」により簡単な仕事、替えのきく仕事しか割り振られなくなった。

中には配置転換などのマミートラックに遭った人もいるでしょう。

簡単な仕事ばかりで評価もされず、当然給料は低いまま。

やりがいもないし、私、この職場に必要ないかも?との思いが頭に浮かびます。

子どもに寂しい思いさせてる?罪悪感を背負う毎日

フルタイムで働いていると定時で保育園までダッシュしても、お迎えは閉園ギリギリ。

当然うちの子が最後の一人。

先生と2人で遊んでいる姿を見るたび胸が苦しくなります。

きっと皆のお迎えを羨ましく思って見送ってるんだろうな、子どもにこんな思いまでさせて働く必要あるんだろうか。

苦しいのが自分だけならまだしも、子どもに対する罪悪感があると一気に辞めたいモードに切り替わります。

ワンオペ育児がつらすぎる!誰か助けて

それでもまだ夫婦で協力して共働き生活が送れているならまだマシです。

問題は旦那さんが育児に非協力的、あるいは、激務でママのワンオペ状態が続いているとき。

加えて実家も遠く誰にも頼れない状況。

こんなワンオペ状態が続いているなら、誰だって悲鳴を上げるのは当然です。

旦那さんだって本当は早く帰ってきたいのに、激務で帰れない場合は責める訳にもいかず、行き場のないストレスを抱えたまま。

体の調子も悪くなり、フラフラの状態で職場と保育園と家を往復する日々。

こんな生活もう無理…と考えてしまうのも当然です。

職場でのマタハラ・イクハラ

ワーママは、子どもの行事や体調不良で仕事を休みがち。

加えて突然熱が出た!と保育園からの呼び出しで早退することも多いです。

職場に迷惑をかけているのは重々承知の上。

いつも申し訳ない気持ちと感謝を伝えきれないほど持っているはず。

それなのに、あからさまに「迷惑だ」という雰囲気を出されたり、発言をされると、毎日必死で頑張っているワーママの心はどんどん弱っていきます。

小1の壁・小4の壁で泣く泣く退職

保育園はあくまでも親が働いていることが前提でした。

行事や役員のお仕事も最低限で、夕方遅くまで預かってくれる保育園もあります。

ところが小学校に入ると状況が一変します。

下校は早い、行事は多い、PTA、役員、で平日仕事がある親の身にはなってはくれません。

せっかくここまで頑張ってきたママでも小1の壁で退職を決断する方も。

小学校低学年までは学童保育が利用できる学校でも、4年生からは利用不可のところも多い。

まだ一人で遅くまで留守番させるのは不安…

そんな思いで小4の壁をきっかけに退職する方もいらっしゃいます。

大切なのは、自分がどうしたいか

退職を考える理由もタイミングもさまざま、仕事を辞めたいと思っているワーママは、あなた一人ではありません。

だからこそ、大切にしてほしいのは、自分がどうしたいか。

まずはゆっくり考える時間をとってみてください

人間は余裕がないとモノを考えられなくなるんです。

1日くらい平日に有給取ったっていいじゃないですか、休日に一人カフェにこもったりするのも落ち着いて考えられそうです。

重要な決断だけに、しっかり考えて、自分にとっても家族にとっても後悔のない選択をしてほしいです。

それでもやっぱり無理!なら辞めてもいい

自分が納得できるまで十分考えた。

家族のこと、家計のこと、キャリアのこと。

それで出た答えが退職なら、誰も止めません。

むしろ、そう決めた後で仕事を続けても、誰も得をしません。

家族だって会社だって嫌々仕事をする人と一緒にいたくありませんよね。

働き方も多様化している現代です。

一つの生き方に縛られずに、他の生き方、働き方を探すチャンスかもしれません。

人生は一度きり。

あなたの人生はあなたが決めていいんです。

ぜひ後悔のない人生を送ってください。

ワーママのお悩みについて相談してみる

この記事を書いた人
ともだるまともだるま

劣等感の塊だったワーママ
心理学、アンガーマネジメント、お金の勉強をして人生変わった。

ツイッターでの優しいツイートはパパママさんに好評!
ココからフォローしてくださいね!
ワーママでも1ヶ月でフォロワー1000人の秘訣をnoteで公開中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です